看護士の業務は職場によって大きく変化

高齢化社会の進展により、医療を必要とする患者数は飛躍的に増加し、病院を受診する患者数も増加を続けています。
このような中で現場の中核スタッフである看護士は不足傾向が続いており、各病院をはじめ介護施設などもその確保に躍起になっているところです。
さて、看護師の業務は職場により大きく異なります。
例えば、大学病院や総合病院の場合、急性期の患者が多いためその対応に振り回されることとなり、夜勤や残業も相当あるのが実情です。
一方で療養病棟を持つ病院や介護施設の場合、症状が固定している患者や入居者の対応となるため、夜勤や残業も少なく患者や入居者の健康管理が主な業務となるのです。
看護士としてどのような就業を希望するのかに大きく関わってきますが、キャリアアップを目指して行くなら大学病院や総合病院などが、最新の医療技術に触れることができるためおすすめと言えます。
その一方で、余暇を充実させたいと言った希望がある場合は、介護施設などの職場がおすすめといえます。

看護士の業務内容と範囲

看護士の業務内容は、療養上のお世話と診療の補助を行うことですが、療養上のお世話は、患者の症状の観察や環境設備、食事の介助などがありますが、判断と技術で行うことを言います。
診療の補助は、医療行為の一部について補助することで、採血や点滴、医療機器の操作など医師の指示で実施することを言います。
また、一日の終わりには次の担当看護士のために、その日担当の患者の記録をつけたりと非常に多くの仕事をこなしています。
大手の病院では、手術の補助を専門としている看護士もいて、手術室での準備や執刀医へ器具を手渡しするなどを担当しています。
業務の範囲は、病院によって大きく異なりますので、内容を区別することは不可能なので、明確化することは難しくなっています。
国家資格である業務の範囲と、病院やその状況において判断しなければならなかったり、医療の専門家が進んでいるため、仕事も能力や専門性を求められるようになってきているので、養う必要があるのです。


check

オール電化を横浜で検討

2018/10/26 更新

『看護士 業務』 最新ツイート

@Fujino0825

保育教諭が業務を極限まで極めたら、 ピアニスト兼作曲家兼画家兼美術スタッフ兼カメラマン兼脚本家兼舞台監督兼パフォーマー兼ファッションデザイナー兼イラストレーター兼フードファイター兼体育教師兼音楽教師兼造形家兼清掃業兼林業兼農業兼用務員兼事務員兼看護師兼保育士兼幼稚園教諭になれる。

53分前 - 2019年02月19日


@3XMtGQReT6ihCPZ

@goronyi_kaigo ケアマネや、ケアマネと介護士・看護師兼務よりマシかなあ。 ケアマネは給与が介護士より低いのに、介護業務に駆り出され、 兼務の人は普通のシフトに入りながらのケアマネ業務、スズメの涙の手当て。 どちらも残… https://t.co/CJSGFUPgw5

18時間前 - 2019年02月18日


@sxLdzuP2W3uE5D1

@communicationtk @RihaClinicians 看護師はタッチングしながら傾聴することも業務でしょうね。それで患者さんは前向きになる場合もありますから。 理学療法士はマッサージしながら傾聴することも大事かもしれま… https://t.co/ozqd8zCXHw

1日前 - 2019年02月18日